ピアニスト野口幸太Officialwebsite

menu
close

体験レッスン受付中です。その他レッスンに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

Blog ブログ

2020.6.21ブログ

最低でも【仲間の仲間】まで思うイメージを

おはようございます。
音楽家の野口幸太です。

もう6月も後半に差し掛かってきたこの時期、
2020年も下半期に突入しようとしているんですね。

2月後半辺りからここまでの期間、
とにかく色々なことを考え、思い、勉強し、トライをし続けた数ヶ月。
僕には数ヶ月前のことが遠い昔のことだったように感じられ、
それだけ、心の中で様々な経験をした期間だったんだと思います。
(#逆から言えば、普段、どれだけ薄〜い生活をしてたんだよ!とツッコミたくもなるんだけどね。)


強制的に仕事をストップせざるを得なかったり、
収入も大きく下げさせられたり、
特に僕たち音楽家の仲間の中では、
そのことで元気をなくす友人がいたり、
行き場のない不安感から怒りの方向に引きずられてしまうような知人もいたり。

色々な渦が起こっている中で、僕が感じたことは、
仲間のことを大事に思うことだけでは不十分で、
少なくとも「仲間の仲間」の幸せまでイメージできないところに、
自分の幸せや心の豊さは実現しないんだ。
ということです。

仲間というのは、友達、家族、知人、生徒などなど、全ての人間関係を含みます。

仕事も、やりがいも、幸福感も、不満も、怒りも・・・
全ては、自分ではなく、他人が僕の元にもたらしてくるものです。

僕がすることに対して喜んでくれる他人がいるから、
僕は幸せ感を味わうことが出来る。

例えば、僕の教室の生徒に幸せになってもらいたい!
と思うなら、最低でもその家族まで笑顔になってもらう。
そんなイメージと覚悟がないところに、幸せは創り出し辛いもの。
要するに大事にすべき最初のことは、まずは人。
そんな感じです。

今日も音楽活動を通して、笑顔・豊かさを広げていく活動を頑張ります!
それではごきげんな1日を♪



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本日の動画【愛のテーマ〜ニュー・シネマ・パラダイス】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の中からの一曲です。
セピア色の音楽。



━━━━━━━━━━━
野口幸太プロフィール♪
━━━━━━━━━━━

歌が好きで、出かけ先の飲食店で有線がかかるとmyマイクを取り出して熱唱するような幼児だったとのこと。(お気に入りの歌は「氷雨」)

幼稚園の先生がピアノの弾く様子を真似し始めたのがピアノとの出会い。
その十数年後、武蔵野音楽大学、大学院でピアノを専攻する。

20代そこそこのキャリアで運良く、世界的プリマドンナ、E.オブラスツォワ氏の伴奏者として共演させて頂いたり、同志で立ち上げたオペラグループ「labo opera絨毯座」の公演が、「サントリー音楽財団(現芸術財団)第8回佐治敬三賞」を受賞するなど、運の良いキャリア経験を積むことができた。

「音楽で人に役に立つこと」を信条に、ピアニスト、音楽教育家、音楽イベンターとして活動を行なっていつつ、
横浜市港北区日吉・綱島地区でピアノ教室を主宰している。


▶︎野口幸太ピアノ教室の概要はこちらから。
【野口幸太ピアノ教室】【野口幸太ピアノ教室】
・発達障害の診断をもつ子へのレッスン、オンラインレッスンにも対応。