ピアニスト野口幸太Officialwebsite

menu
close

体験レッスン受付中です。その他レッスンに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

School 野口幸太ピアノ教室

あなたが主役のピアノレッスン!!

■現在、日本では数え切れないほどたくさんのピアノテキストが出版されています。
たくさんあり過ぎて、最近では教師向けのテキストガイド本までもが発売されるようになりました。
これだけ様々な切り口のテキストが販売されるようになったということは、
その分だけ、ピアノを学ぶ人の個性が様々である
と認められてきたことの証とも捉えられます。



■ひと昔前までのピアノ教室では、たった一冊のテキストに沿って教えていくだけでも許されていました。
教師主体のレッスンについて来れない子供には「音楽の才能がない子」とレッテルを貼っておけば、
特に非難されることなく、多くの人の納得を得られていたからです。

■でも、もうその時代は終わりました。
たくさんあるテキストの中からどれを選び、他教材とどう組み合わせ、
瞬間瞬間に表面化する生徒さんの変化をいかにキャッチし、どう対応していくか、
そういうコーディネート力がピアノ教師には求められます。

■僕がするのは、「あなたが主役」のレッスン作り。
でも、更に本当のことを言うと、僕が目指す最終的な目標は、
生徒さんの今・そして将来を輝かせること。

これが僕のピアノ教室運営の最大ミッションです。
そのために必要な努力・準備を惜しみません。

(※ブログ記事「僕のピアノ教室があなたに提供できる価値とは?」

使用楽器にも拘りました

当教室では、河合楽器製作所が「世界最高峰の品質」をコンセプトに開発した
ピアノブランド「Shigeru Kawaiシリーズ」を使用しています。
まろやかな音色と心地良いタッチ感が快適で、
小さな子供でも「他のピアノと違う」と気が付くほどです。
同ブランドは、現在、世界的にも注目を集めつつあります。

▶︎Shigeru Kawai 公式ページ

■Shigeru Kawai紹介ムービー(河合楽器製作所公式チャンネル)




可能なレッスン例

導入期のレッスン
ピアノを学ぶ上で最も重要な時期です。
音楽はよく言語に例えられます。
私たちは、ことばを通して物事を考え、人とコミュニケーションを取ります。
そのためには、読み・書き・文法など、様々な角度から言語というものを学習してきました。
実は音楽も同じです。
▶︎「ピアノを弾く」ための手指の運動は演奏技術。
▶︎音楽の読み書き文法はソルフェージュと言います。

実は、導入期において最も重視すべきは、後者です。
この時期にしっかりとした基礎を作っておくかどうかが、その後10年・20年のピアノライフの質を左右する。
と言っても決して過言ではありません。
導入期のレッスンでは、そうした音楽生活の「基盤作り」をしていきます。
ピアノ初歩(幼児~大人)
ごくシンプルな楽譜がストレスなく読めるようになった時期からは、本格的なピアノ演奏(実技)のレッスンも一層充実していきます。
ピアノは鍵盤を押し込む際の力加減、指の角度、腕や肩など・・・
身体の使い方ひとつで実に様々な音色を鳴らせる楽器です。
そうしてピアノの音色に親しみながら、演奏技術の向上を目指しましょう。
また、初歩段階から引き続きソルフェージュ分野の学習もより高度なものに取り組んでいくことになるでしょう。
特別な支援を必要とする子どものためのレッスン
14年間小学校の特別支援学級勤務経験を活かし、様々な角度からレッスンを行っております。
2017年12月には、このコースから9名のお子様が発表会(自由参加)に参加しました。
当初は落ち着いて椅子に座っていること自体が難しかった子たちでしたが、全員ステージマナーもしっかり身に付け、立派に演奏することが出来ました。
どんなお子様でもペースの差はありますが、しっかりと段階を踏んで学習をしていけば、必ず音楽を演奏することが出来るものと、講師自信も学ばせて頂きました。
趣味でピアノを楽しみたい方(中学生~大人)
ある程度自分で楽譜を読み、様々な曲を弾ける生徒さんには、無理のない範囲で好きな曲を自分で選択して頂いています。
クラシックからポップス、映画音楽まで様々なジャンルの曲に対応しております。
(生徒さんの演奏レベルに合わせた編曲/楽譜作成もしています。)
短大幼児科、保育科入試対策、現役の幼稚園教諭・保育士のためのレッスン
中にはピアノ経験がほとんどない受験生や現職の先生も多く、苦労される方も多くいらっしゃるようです。
どんなに難しそうに見える曲(楽譜)でも細かく分解していけば、一つ一つの音符の集まりです。
初めて弾く曲を、より効率良くこなしていくためのコツを身に付けていくこと。同時に、音楽的基礎力(読譜力)を身に付けていくこと。
この二点を並行して行っていくことが大切と考えています。
ソルフェージュレッスン
「ソルフェージュ能力」という言葉を言いかえると「楽譜を理解する能力」になります。ソルフェージュという科目では、楽譜に書かれている音程やリズム等の情報を瞬時に読み取り、実際の演奏に結び付けていく訓練を行います。
それに対して、楽器の持ち方やどのように手や指を動かすか、といったことは「技術」にあたります。
楽器演奏(技術)がかなり上達しているのに、途中で伸び悩んでしまう人の中には、ソルフェージュの訓練が不足している割合がとても多いのです。逆にソルフェージュ能力を確実に身に付けておけば、一度音楽から離れた後や、他の楽器を習い始めるなどの際にも大変有効になります。
既に楽器を習っている方、独学で楽器の練習をしている方でも、「もっと楽に楽譜が読めるようになりたい。」という方々のお手伝いが出来ればと思います。
音楽大学受験のためのレッスン
主科ピアノ/副科ピアノ問わずご対応致します。音大の試験(受験)会場での演奏は、やはり特別な緊張感が強いられ、そのためのより入念な準備が必要になります。
「音楽が好き」という気持ちはもちろん大切ですが、それだけでは通用しないのが専門課程の厳しさでもあり、 音楽的な知識、基礎力、演奏の技術力にしっかりと裏打ちされた表現力が求められます。 また、本番の緊張感に負けないためのメンタルコントロールも大変重要な課題になります。
その時々で必要な課題を明確に理解していきながら、入試という目標に向かって、共に成長していけるレッスン作りを目指します。



オリジナルの動画教材も随時作成し、レッスンで活用しています。

■小学生のための楽典シリーズ





■リズムトレーニング








ご入会までの流れ

Step1
お問い合わせフォームから体験レッスン申込み
Step2
体験レッスン
Step3
レッスン継続(入会)/非継続のお返事(体験レッスンから1週間以内)

各種料金

体験レッスン料/ 1,500 円

通常レッスン料
30 分、45 分、60 分のレッスンはいずれも月額制となっております。

  月2回 月3回
30分 7,000円 9,500円
45分 9,500円 13,000円
60分 14,000円 19,000円
90分 10,000円/1回
  • ※教材費はその都度、会員様に実費をご負担いただきます。
  • ※発表会等の参加費用は別途でお支払いいただきます。

レッスン規約

快適にレッスンを受けていただく為の規約となります。
下記ボタンをクリックしてご確認いただけます。

野口幸太ピアノ教室レッスン規約(PDF)

アクセス

〒223-0051 神奈川県横浜市港北区箕輪町

東急東横線「日吉駅」よりバス「綱島東四丁目」下車徒歩1分
駅から徒歩の場合 「日吉駅」及び「綱島駅」から20分