ピアニスト野口幸太Officialwebsite

menu
close

体験レッスン受付中です。その他レッスンに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

Blog ブログ

2018.6.30活動案内

新境地の保育園コンサート


本日、朝一でかつての僕の地元付近、川崎市内の保育園「第2くまのこ園様」にてコンサートをさせて頂きました。
“いつもの保育ルーム内”で“ちょっと特別な体験を”という園長先生の想いから開催されたこのコンサート、僕自身はソプラノ歌手の永野瑞枝さんから声をかけて頂き、同行させていただくことになりました。
お客さんは園児だけではなく、その親御さん方、そしてもちろん保育園スタッフの皆様方もいらっしゃるので、
「子供も大人も一緒に楽しめる」
をコンセプトに、永野さんが工夫を凝らしたプログラミングと進行をしてくださり、とても盛り上がったと思います。

こんな具合で永野さんがどんどん引っ張って下さったのですが、一箇所だけリ僕へのクエストがありました。
話によると、この園では一部のクラスの子達が鍵盤ハーモニカの学習に取り組んでいるとのこと。
その子たちの励みになるように、プログラムの中に「鍵盤ハーモニカ」のレクチャー&演奏タイムを盛り込んで欲しい。と。


小学生相手なら鍵盤ハーモニカの授業も、コンサートのMCも随分と経験させてもらってきていますが、
大勢の乳幼児相手に、間近で会話をしていきながらコンサートを進めていく。というのは初めて。
(僕のピアノ教室にも幼児の生徒さんはけっこういらっしゃいますが、それはあくまで個人レッスンだから・・・。)
いや〜〜緊張しました(^^;;

でもやってみたら、乳児クラスは別として、年中・年長くらいの年齢であれば、随分高度な話まで通じるし、あまり子供扱いし過ぎない方が話が面白く展開するんだな。っていう実感を得ました。
それに自分がやっている楽器だからでしょうか、興味をもって話に参加してくれたり、演奏を聞いてくれているような感じがしました。
結論!すごく楽しかった♪

今回声をかけて下さった永野瑞枝さんは学生の頃からかれこれ15年位の付き合いですが、共演は初めてでした。
僕にとっての新境地、保育園コンサートの機会を下さったこと感謝しています。
ありがとうございました。