ピアニスト野口幸太Officialwebsite

menu
close

体験レッスン受付中です。その他レッスンに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

Blog ブログ

2020.07.20ピアノ教室

発達障害を障害と区別する心

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 先日、警察署から電話がありました。 何かと思えば、うちの教室の中学生生徒くんが家に帰れず、 困ったあげく交番に行って僕の教室の名前を伝えたのだとか。 そこで、おまわりさんが僕の教室を検索して電話をくれたようです。 ▶︎僕の教室には何かしらの発達障害の…

続きを読む

2020.06.27ブログ

必要なのは自由時間じゃないかもしれない

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 「1ヶ月間」と決めて5月28日から毎朝投稿したブログが、 いったん今日で区切り。 (#明日以降、急激にブログ更新の頻度が落ちますが元気に別のことをやっているのでご心配なく。) わざわざ、自分の時間を制限して、「やること」を増やしてみた時、 初めて気が付く…

続きを読む

2020.06.25ブログ

失敗と感情と書くこと、そして進むこと

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 こんな僕にも浮き沈みというものはけっこう頻繁にあって、 これを言い換えれば、テンポ良く進めている時とそうでない時です。 調子が良いときと、調子が悪いとき、、、とも言えるかも。 ・・・言葉って本当に難しいもので、こうして書いてしまうと、 まるで「調子が悪い…

続きを読む

2020.06.21ブログ

最低でも【仲間の仲間】まで思うイメージを

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 もう6月も後半に差し掛かってきたこの時期、 2020年も下半期に突入しようとしているんですね。 2月後半辺りからここまでの期間、 とにかく色々なことを考え、思い、勉強し、トライをし続けた数ヶ月。 僕には数ヶ月前のことが遠い昔のことだったように感じられ、 …

続きを読む

2020.06.20ピアノ教室

音楽漬け生活したかったケド・・・

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 僕は今、ピアノをメインとした音楽業を主な生業にしています。 ピアノを教えたり、実質休業中だった演奏家(ピアニスト)としてのお仕事も徐々に復活してきました。 僕がピアノを習い始めたのは、6歳の頃で、 小学校4年生の時に、「音大に行きたい!」と騒ぎ始め、 音…

続きを読む

2020.06.14ブログ

どんどん書いてこー!

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 僕はこの一年くらい(厳密な時期は忘れてしまった・・・)、 とにかく「書くこと」に頼った生き方をしています。 例えば、朝起きて、その日一日をどう過ごすつもりでいるのか、 を書いてデスク前のコルクボードに貼っておくのは、日課になりました。 ・・・最近は、あま…

続きを読む

2020.06.13ピアノ教室

発達障害の子のレッスンでまずする仕事

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 5月28日から1ヶ月間、毎日ブログ更新する。 と決めて、今日が17日目になります。 30日間の中で一回は触れなくちゃいけないだろうな。 と思っていたテーマについて、今日は書いてみようと思います。 今日のテーマは、僕のピアノ教室の特色のひとつとも言える、 …

続きを読む

2020.06.12ピアノ教室

僕の判断基準はこれです

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 今朝も朝のさんぽをしてきました。 見上げた空のうち、4〜6割くらいが雲がかっていると、 地球が丸いんだ!ってのを、よく感じられる空模様になりますね。 スカッと快晴!な天気もいいけど、今日みたいな天気もいいな〜。 さて、昨日は叔母といっしょに、ちょっと特別…

続きを読む

2020.06.11ピアノ教室

課題は自分で設定しない

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 僕の仕事の大きな柱のひとつあるピアノ教室ですが、 ピアノ教師として色々な生徒さんたちと接していると、 生徒さんの数だけ、人の個性というものを見せられます。 弾こうとしている曲は同じでも、 そこにたどり着くまでの道程が全然違う。 ときどき、同じような道をい…

続きを読む

2020.06.10ピアノ教室

生計を立てること

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 最近読んだ本で、 丸尾孝俊さんと吉本ばななさんによる共著のこちら。 ▼にぎやかだけど、たったひとりで〜人生が変わる大富豪の33の教え いい本でした。 丸尾孝俊さんは「バリのアニキ」として有名で、 年間3,000人以上の人たちが、“アニキ”の話を聞きに訪れ…

続きを読む