ピアニスト野口幸太Officialwebsite

menu
close

体験レッスン受付中です。その他レッスンに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

Blog ブログ

2022.01.01ピアノ教室

【月曜クラス】開講4年目になりました

明けましておめでとうございます。 新しい年を迎え、皆様、いかがお過ごしでしょうか。 僕が運営するピアノ教室は、1月というのは、“年越し”以外の意味でも節目の月でもあります。 それは、3年前(2019年)の1月に、初めて、僕以外の先生をお招きし、月曜クラスを開講させたことです。 自宅の一室を使ってレッ…

続きを読む

2020.10.09ピアノ教室

【療育】ですか?【ピアノ教育】ですか?に対する回答

こんにちは。ピアノ教師の野口幸太です。 昨日は、発達障害という言葉について、僕の考えを書きましたが、 今日は、実際に質問されることが多い、この問いに対する回答文をここに引用・ご紹介します。 よく頂く質問とはこれです。 ↓ ↓ ↓ 【僕(ノグチ)がやっていることは、療育ですか?それともピアノ教育ですか…

続きを読む

2020.10.08ピアノ教室

発達障害という言葉の怖さ

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 僕の運営しているピアノ教室には、 何らかの発達障害の診断名を持っていたり、 或いはその可能性を示唆されている子が、 常時、全体の3〜4割くらい、通ってきてくれています。 僕自身は、25歳から小学校における特別支援教育に携わり、 昨年度まで、音楽科の非常勤…

続きを読む

2020.07.20ピアノ教室

発達障害を障害と区別する心

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 先日、警察署から電話がありました。 何かと思えば、うちの教室の中学生生徒くんが家に帰れず、 困ったあげく交番に行って僕の教室の名前を伝えたのだとか。 そこで、おまわりさんが僕の教室を検索して電話をくれたようです。 ▶︎僕の教室には何かしらの発達障害の…

続きを読む

2020.06.27ブログ

必要なのは自由時間じゃないかもしれない

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 「1ヶ月間」と決めて5月28日から毎朝投稿したブログが、 いったん今日で区切り。 (#明日以降、急激にブログ更新の頻度が落ちますが元気に別のことをやっているのでご心配なく。) わざわざ、自分の時間を制限して、「やること」を増やしてみた時、 初めて気が付く…

続きを読む

2020.06.26ピアノ教室

情報を過度に信用しないこと

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 いきなり余談ですが、1ヶ月間の連続ブログ投稿も今日を入れてあと2日。 毎日書くことが前提で生活をしていると、 【同じ一日なんてものは存在しないんだな。】ってことを、より強く実感します。 ありがたい毎日です。 さて、僕は仕事にしても生活にしても、 知恵・技…

続きを読む

2020.06.25ブログ

失敗と感情と書くこと、そして進むこと

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 こんな僕にも浮き沈みというものはけっこう頻繁にあって、 これを言い換えれば、テンポ良く進めている時とそうでない時です。 調子が良いときと、調子が悪いとき、、、とも言えるかも。 ・・・言葉って本当に難しいもので、こうして書いてしまうと、 まるで「調子が悪い…

続きを読む

2020.06.24ブログ

何を美味しくしたいのか

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 僕は小さい頃から音楽が好きで、 歌ったり、ピアノを弾いたり、 時には、音楽家として、かなり厳しい現場に身を置いていたこともありました。 今だって、楽チン生活を送っている・・・というわけではないですが、 もっと下積みの修行的な厳しさというのでしょうか・・・…

続きを読む

2020.06.23ブログ

人の向こう側の人のイメージ

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 僕たちは日ごろ、いろいろな手段で、直接的にも間接的にも、 いろいろな人たちと接点・関わりを持ちながら暮らしています。 そして愚かなことに、そのことをついつい軽視してしまいがちです。 もし「そんなことはない!自分は誰とも関わらず独りで暮らしていくんだ!」 …

続きを読む

2020.06.22ピアノ教室

重力圏を飛び出すためには・・・

おはようございます。 音楽家の野口幸太です。 ものごとを先に展開させていくためには、 時として思いっきった行動に出る必要もあって、 「ちょっとずつね」とか「追々ね・・・」と言っている間は、 やっぱり、その先の展開を起こすには至れない。 ということも理解しておいた方がいい気がします。 (#それがいけな…

続きを読む